sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

おっさんずラブと鹿児島ラーメン我流風 鹿児島&熊本旅行2021.4月 2日目–1

スポンサーリンク

1日目は成田に前泊して2日目スタート。

熊本行きのピーチは朝8時のフライトだったのでとりあえず5時に起きて6時30分に空港に着くように計画。

前日の夜はデリを諦め早く寝たおかげで朝から頭スッキリ、サクッと準備してホテルを出発した。

f:id:xshu:20210723174624j:plain
f:id:xshu:20210723174637j:plain
JR成田駅の様子。誰もいない。

成田駅に着いてとりあえず電光掲示案内板に飛行機のマークがついている電車に乗れば到着できるだろうと電車に乗ってみるとあっという間に成田第一に到着。

空港へのアクセスは東京駅出発のバスを使うことが多かったので電車に慣れておらず道に迷いながら国内線乗り場に到着した。

そして特にやることもないのでサクッと発券してから搭乗ゲートへ。

f:id:xshu:20210723174644j:plain
f:id:xshu:20210723174621j:plain
人が居なさ過ぎ。

予定の時間通りに着いて暇すぎたのでビールでも買って飲もうかと思ったが流石に朝7時から飲み始めると一日が終わってしまいそうだったので断念し水を買って大人しく待合で出発を待ってから搭乗。

今回も非常口の席を予約し隣の席には誰もおらず快適フライトであった。

非常口の席は足元が広いのとアームレストも可動式で横に人がいなければ寝っ転がれるため1列目の席を高い金払って利用するよりお得感が高い。

f:id:xshu:20210723174641j:plain
f:id:xshu:20210723174633j:plain
ここでも誰もいません。

いつも旅行の際にはピーチエアの利用しているが今回初めて機内デジタルサービスを利用してみた。

要するに自分のスマホを機内Wi-Fiにつないで機内エンタメを楽しめる便利なシステムである。

国内線の短いフライトであればキンドルでテキトーに本を読んだり旅行で撮った動画の編集をしていればあっという間に到着するので機内での楽しみ方などは気にしていなかったが今回はたまたまインフライトマガジンでおっさんずラブin the skyを発見。

おっさんずラブの評判は以前から聞いていたが食指が動かずまだ見ていなかった。

というより日本ドラマを最後に見たのは中学生の時に見た鈴木保奈美主演の「愛という名のもとに」が最後。

その後はずっと不規則な夜型の生活だったこともありいつでも見れるレンタルビデオで借りる洋画しか観ていなかった。

2000年代に入りネット環境が進歩してネットで時間を気にせず観ることも可能になってきたが仕事で忙しいのにわざわざ連載物のドラマを見ようとは思わずたまに観るのは単発の映画のみであった。

そういった経緯で30年ほど見ていなかった日本のドラマを観ることとなったがドラマスタート30分で時代の流れを痛感。

名前からなんとなく話の流れは想像がついていたがおっさんずラブ恐るべし。

ほとんどカルチャーショック、バンコクのオブゼッションやキングスコーナーに初めて行った衝撃と同じであった。

遠い昔、「愛という名のもとに」で不甲斐ないチョロがピンパブにハマって借金したり、「東京ラブストーリー」ではリカに振り回されつつも一生懸命恋愛していたカンチのような昭和の恋愛は跡形もなくなり新時代の恋愛の形が繰り広げられていた。

しかしながら興味深く視聴しているとあっという間に最終着陸態勢に入ってしまい機内サービスストップ。

2話目を見始めたあたりで中途半端に終わって不完全燃焼で飛行機から降りることになってしまったが最近の性別不問の恋愛事情を無料で楽しめたのでお得な気分であった。

そして券売機でバスチケット購入、空港からバスに乗り鹿児島中央駅へ向かった。

f:id:xshu:20210723174629j:plain
f:id:xshu:20210723174618j:plain
空港から出るとすぐに券売機がある

バスに揺られること約50分、鹿児島中央駅に到着。

駅を見上げてみると立派な駅舎に商業施設がくっついており、ついでに観覧車まで見えてなかなか都会な鹿児島中央駅であった。

取り敢えず2日後にこの駅から新幹線に乗って熊本へ移動するので先に新幹線チケットを購入、その後タクシーで今回宿泊のオリエンタルホテルいづろへ向かった。

f:id:xshu:20210804133537j:plain
f:id:xshu:20210804133546j:plain
都会

 タクシーに乗り、暇だったのでこの辺の観光事情を聞こうとおじいちゃんドライバーに色々質問するも「あー」とか「うー」とかしか返答がなくおっさんずラブに続いて再度カルチャーショックを受けた頃にホテル到着。

この時点で時計を見てみるとまだ昼の12時前。

ホテルで一休みしてから観光でもするかとアーリーチェックインできるか聞いたところダメだったので荷物だけ預けてラーメン&市内観光へ。

鹿児島滞在中の昼の予定は西南戦争に関する資料館巡り、鹿児島ラーメン、チャリンコで桜島一周だったのでまずはホテル近くにあるラーメン屋、我流風へ。

f:id:xshu:20210804133543j:plain
f:id:xshu:20210804133531j:plain
街の中心街である天文館とラーメンガルフ

 野菜がたくさん入っているからだと思うが見た目ほどこってりな味ではなくさらっと食べれるライトなラーメンであった。

この時の詳細はこちら。

trippy-trip.com

 ずっと気になっていた鹿児島ラーメンを取り敢えず食べ終え、次は鹿児島の歴史を探索しに博物館、資料館巡りに。

この時は徒歩で移動したがそれぞれの場所が意外と離れていてタクシーもその辺にバンバン走っている、という環境でもないので街中にあるポートで借りられるチャリがオススメ。

事前にクレジットを登録をしなくていけないなど面倒くさいこともあるが徒歩で歩く時間よりは短い時間で登録できるはずである。

ということで歩きながら天文館通りの裏手にいくつかある博物館へ向かった。

続く。

 

※もし記事がよかったと思ったら 下に貼ってあるタイナイト情報のバナー or B!ブックマークのバナー押してくれると嬉しいです!🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com