sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

熊本流ではないけれど。高級(多分)お風呂ネオ皇帝別館 in 熊本

スポンサーリンク

今回は熊本のお風呂屋さんのご紹介。

鹿児島から熊本へ移動してきたので、熊本で有名な会員制のブルーシャトーに行ってみたいなーと色々入店方法を調べていた。

するとブルーシャトーは昼12時にその日の予約が決まるシステムらしく紹介者がいない状態で12時過ぎに電話して空き枠に無理やり入れてもらったとの情報をキャッチ。

せっかく来たのでダメ元でその方法でねじ込んでみるか、とブルーシャトーのホームページをチェックしてみるとその時点では望まれない素晴らしいサービス発見した。

PCR検査の義務である。

入店時にその場でPCRを受けないといけないようだ。

コロナに対して安全対策の徹底という意味ではさすがは有名店。

しかしリピーターには安心感がある反面、逆に旅行者にとっては陽性なんて出た日には行動が制限される可能性も孕んでいる諸刃のサービスである。

予約が取れたわけでもないのにHPを見た後はしばらくホテルの部屋で悩み、特に体調が悪いわけでもないのに旅先でわざわざやるものでもないだろうと潔く諦め、他の高級店(値段は4万ちょっとだが)に行くことにした。

そこでググって目に留まったのがNEO皇帝別館。

雄琴温泉の高級お風呂である有名店、皇帝の出先機関のようであった。

前回の福岡旅行の際、久留米に行った時に殿様という店に行ったので次は殿様の上位役職である皇帝だ、男なら上を目指せ。と心の中でひとしきりつぶやいた後、店に電話してからお店に行ってみた。

アクセス

 

お風呂屋さん街は熊本一の繁華街である下通の東側、市電の水道町駅の南側に位置する。

この辺は水道町だのシャワー通りだのお風呂を連想させるネーミングの地名が目につくのが面白い。(普通の人は連想しないと思うが)

界隈を散歩してみると案内所も結構多く、初めての訪問でもある程度安心して利用できそうな場所だ。

近くには中洲で見かけたハレ系楽園ビルの熊本版なども発見。

f:id:xshu:20210703123935j:plain
f:id:xshu:20210703123945j:plain
お風呂やさん街の様子

今回はお風呂や街の南側に位置するリバーサイドホテルに宿泊したのでホテルから徒歩5分程度で皇帝ネオに到着。

外観は和風。

作り込まれた外観は皇帝を迎えるにはふさわしいしっかりしたエントランスである。

f:id:xshu:20210703123938j:plain
f:id:xshu:20210703123933j:plain
まだ新しいのかな。

店前で待ち構えていたボーイさんに声をかけ入ってすぐ左にある待合所に案内をされる。

ある程度値段が張るだけあってなかなか丁寧な接客である。

待合室にはミスヘブン選出嬢の写真が貼ってあり修正しているだろうが美人さんばかりで期待は膨らむ。

そしてボーイさんが写真を持って部屋に入ってきた。

3枚の写真を見せられ前回の鹿児島お風呂エアポート訪問の時と同様、ガチ若嬢はどれっすか?と直球質問。

これまた1秒でこの娘っすね、と返答がきた為その嬢に決定。

高級店であるが故に信用して身を委ねる。

その後準備ができたとのことで部屋に行ってみるとボーイさんの言葉に偽りなし。

ロクでもない場慣れをしきった40過ぎのおっさんには若干不釣り合いな透き通るような白い肌の23歳であった。

話をしているとぎこちないという表現を通り越して服を脱ぐにも恥ずかっていたりと何かおかしい。

歴を聞いてみると普段昼職でこの店は週1勤務、生活のため(多分)Wワークをしている新人アルバイトさんであった。

初々しさの塊である。

コロナが始まって以降、酔っ払って髪を振り乱す気合の入った飲み屋嬢や、客がリピートしてきたらアタシの勝ちだと思う、と真顔で発言するお風呂やさん嬢のような身も心も擦れ切れ済み、ついでに思考回路も振り切れている嬢しか相手にしていなかったので暫くぶりのまともな反応は新鮮そのもの。

そんじょそこらの嬢とは一味違うウェット感溢れる反応を楽しみながらまずは一回戦。

その後、頑張っているその仕事姿勢に感銘を受けながらお風呂に入った後はマット開始。

滑ってマットから脱落してしまうのではないかと思える動作は見ていて危なっかしい感じではあったが逆にぎこちなさを楽しむのもまた一興。

嬢の体を寝ながら動かしてみたり事故らない程度に好き勝手に遊びながら2回戦。

総額は4万ちょっとであったが初々しさを楽しみ一発単価2万と考えれば問題なしの滞在であった。

まとめ

こういったお店での永遠のテーマである、若くて素人な感じ(に見える)の初々しさを選ぶべきか、百戦錬磨の擦り切れ手練れベテラン嬢にベルトコンベア方式で料理してもらうのを楽しむべきなのか、お風呂屋さんというサービス重視のカテゴリならではの答えのない永遠の問答を考えさせられた夜であった。

f:id:xshu:20210703123929j:plain

ハレ系楽園ビル in 熊本

 おしまい。 

※もし記事がよかったと思ったら 下に貼ってあるタイナイト情報のバナー or B!ブックマークのバナー押してくれると嬉しいです!🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com