sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

大宮(埼玉)北銀座のお風呂屋さんラブ&ピース

スポンサーリンク

ロードバイク(E-BIKE)に乗って新宿から大宮北銀座通りに位置するお風呂やさん「ラブ&ピース」に行ってみた。

チャリで新宿から埼玉の大宮まではおおよそ40キロ。

新宿から30分ちょっと電車にボケっと乗っていれば到着してしまう彼の地に敢えてチャリで数時間かけていくその非効率さに果たしてこの行動は正しいのか疑問を持ちながらなんとか大宮のホテルに到着した。

春先で気温が低い中、40キロ走ってダルさを感じるかと思っていたが意外と体力は残っていて温かいお風呂に入って疲れを癒すためホテルチェックイン後に足取り軽く大宮北銀座通りに行ってみた。

f:id:xshu:20210527173953j:plain

ラブ&ピース

ラブ&ピースに初めて行ったのはもう10年以上前になるだろうか。

初めて行ったのは今回の大宮の店舗ではなく近隣駅である蕨にある系列店舗であった。

当時隆盛を誇っていた蕨にある中国人のマンヘルに友人と行ってみたものの先客が多すぎて待ち時間が長すぎで諦め、総額が高くなるけどまあいいや、と入ったのが初めてのラブ&ピースであった。

ラブ&ピース。

今でもこの言葉を聞くとジョンレノンより先にモーニング娘。のラブ&ピースの楽曲が頭の中で流れてきて10年前と脳みその中身が変わってない自分に気づく。

そして蕨で何気なく入ったこの店のコスパの良さに驚嘆して今回の大宮の店にも行ったことがあり来店は2回目になる。

昔と変わらず元気に営業をしていた。

アクセス

大宮駅東口から徒歩10分弱、大栄橋の下をくぐってお風呂屋さんが並ぶ北銀座通りへ向かう。

このお店は北銀座通りから一本入った裏通りにあり、妙にオープンな雰囲気を醸し出している北銀座通りよりは人目を憚らず入店しやすい立地である。

 この通りの入り口はボーイさんは立っていたりするものの近くには住居用のマンションや専門学校等もあり雰囲気はいたって普通。

昼間にこの辺の裏道を訪れると歩いている人の種類も多種多様なため初めて訪れた人はホントにこの道であっているのかと疑心暗鬼になって途中で引き返してしまうかもしれない。

ただし夜になると状況は一変し堅気の街では無いことは一目瞭然だ。

f:id:xshu:20210527173946j:plain
f:id:xshu:20210527173957j:plain
夕方の様子と夜の様子

そして久しぶりのラブ&ピースのドアを開けると元気な店員さんが待ち時間、システムなどを一通り説明。

待ち時間なしで行けるとの事だったので番号札と次回使えるサービス券を貰い待合室でくつろぐ。

f:id:xshu:20210527173948j:plain
f:id:xshu:20210601155530j:plain
次回使える割引券ゲット。

事前リサーチ不足で知らなかったがラブ&ピースプラチナムなどレベル別の姉妹店もあるようだ。

そしてドキドキしながら番号で呼び出されご対面。

歳は20前半、埼玉っぽい、どこか5年から10年ぐらい前にタイムスリップしたような若干派手めな化粧の嬢。

狙ってかどうかは不明だがノスタルジーを好むおっさんの心をがっちり掴む風貌の嬢であった。

部屋に入ってみるとなかなか年季が入った内装で歴史の長さが伺える。

最後に行ったお風呂やさんが北九州小倉のDEEPの後だったので若干落差を感じた。(DEEPはめちゃくちゃ綺麗)

しかしながら嬢には不足はない。

遥かなるノスタルジーに浸りながら愛想良し、匠の技を操り気遣い十分で質実剛健という意味では昔と変わらない質を保つラブ&ピースに畏怖の念を抱きながらタイムアップ。

大宮は普段の生活圏から近いこともあり、地方や海外で出会う嬢のように新鮮感は皆無であったがまたふらっと寄ってもいいかなと思えるお店であった。

 

※もし記事がよかったと思ったら 下に貼ってあるタイナイト情報のバナー or B!ブックマークのバナー押してくれると嬉しいです!🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com