sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

ロードバイク(E-BIKE)で40キロ先のお風呂屋さんに行く 準備 to 大宮(埼玉)

スポンサーリンク

前回記事の続き。

勢いでE-BIKEを購入した後、暫くはたまに車に轢かれそうになったり、足が地面につま先しか届かずコケそうになりながら通勤に使ったり宛てもなく街を彷徨ったりして1週間ほど過ごしたX。

人生初のロードバイクである。

変異種自転車に何となくハンドル操作と体が慣れ1週間が過ぎた頃、とりあえず100キロをチャリンコで移動するとどのくらい疲れるのか確認しようと往復100キロ、1泊2日の行程で新宿から多摩湖のサイクリングロードを走り西武球場前を折り返し地点とした週末プチ旅を決行した。

f:id:xshu:20210406203507j:plain

チャリの長旅。

自分史上最長のチャリンコ距離を走る事になるのでまずは疲労感を理解する事が目的で今回は純粋なチャリンコ旅。

予約した宿は周囲に自然が溢れ日々の煩悩を排除できるホテルである。

また、往復100キロが今回の目的なので新宿から1日の走行距離は50㎞程度でのプランニング。

車の運転で培った距離感で考えてみると50キロって結構長い感じがするので体力的に夜には死んでるはずだ、と結論づけいつものような夜の不純行動はプランから外して高校生の部活合宿に使いそうな立地のホテルにした。

 今回設定したコースは西東京市辺りから多摩湖自転車道を通るプランで新宿から約30キロぐらいの距離だが西武球場前に着く前に多摩湖の周りのサイクリングコースをぐるぐる回ることもマストになるので最終的に約50キロ近くなるはずと仮定。

そして体調を整えながら当日を迎える。

チャリでの移動というのは電車や飛行機での旅のように体調が悪くても勝手に目的地まで運んで行ってくれるものではなく自分の脚のみが頼れる相棒、雨が降れば地獄、風が強ければそれだけで苦行である。

ということもあり通常の旅行より神経を使ったのか予定より早めに目が覚める。

そして人生初のチャリンコ旅がスタート。

所沢の方に行けばいいんだろ、と思ったものの車で行ったら高速を使うような目的地なので下道だとどう行けばいいか分からずチャリにスマホをセットしグーグルマップを見ながら地道にキコキコとペダルを漕ぐ。

するとグーグルマップ先生からこの歩道橋を自転車を担いで渡るんすか?とか、こんな激坂登るんすか?という感じのマニアックかつ無茶難題コースを強制され、他に選択肢はないのかと途中で設定を調べたりしたが結局めんどうになり気合いで走りきる。

そして道端でコケそうになる事2回、なんとか多摩湖に到着。

f:id:xshu:20210331193502j:plain
f:id:xshu:20210331193505j:plain
チャリンコで来ると景色の良さは倍増

冬の空気に包まれ澄んだ多摩湖を見渡してみると富士山も見え、素晴らしい景色である。

頑張ってここまで来て良かった、と一通り感傷に浸った後、ここまで来たんだからともうひとっ走り開始。

そして多摩湖の周遊サイクリングロードに入ってダラダラ走っている(自分としては頑張っている)と背後に何かの気配を感じた瞬間に目の前を物体が通過していった。

ガチなサイクリストであった。

f:id:xshu:20210330193412j:plain

速い。

アンタの乗り物ホントに自転車っすか?

と質問したくなるような度肝を抜かれるスピードであっという間に追い抜かれ、視界から消えてしまった。

もはや自転車で出せる速度の常識をはるかに超えており張り合うのは不可能、と1秒で察知し初心者はサイクリングロードでは端っこを走ろうと心に決める。

そして多摩湖の周りを端っこで走ることに飽きてきた頃、集中力が切れ意識が保てなくなる前にホテルにチェックイン。

ホテルに着く頃にはケツが痛すぎ、肩こりすぎで(バックパックを背負っていた)事前の予想通りチャリで20分ほどの所沢の繁華街に遊びに行く気になれずホテルの部屋でコンビニで買ってきたビールを飲めるだけ飲んで弁当食って就寝。

翌日は足が若干重かったものの意外と体は動き、ホテルで朝飯を食ったあと所沢航空公園を経由して(コロナで休館)新宿着。

到着して走行距離をサイクルコンピューターで確かめると往復100キロを達成していたのでとりあえず今回の目的である距離感と疲労度の関係を体に叩き込む事には成功した。

 

そしてこの初心者修行ライドの感覚をベースに次はどこに行こうかと新宿から片道50キロ以下で夜も遊べる街までの距離を測っていたところ埼玉の大宮がヒット。

大宮を思い浮かべて真っ先に出てきたのは北銀座通り。

20年ぐらい前にNK流で名を馳せた西川口と肩を並べる埼玉屈指のお風呂屋さんのメッカである。

自然に触れ合った後はお風呂に行きたくなるのが人情。

とりあえず大宮に行くことを決定し、昼間の暇つぶしプランとして大宮から近い位置にある西川口の中国化した街を見学、夜は大宮に到着した後、通称北銀のお風呂さん訪問を念頭に今回の目的地は決定した。

f:id:xshu:20210505151542j:plain

もはや中華圏と化してる埼玉・西川口駅前

※もし記事がよかったと思ったら 下に貼ってあるタイナイト情報のバナー or B!ブックマークのバナー押してくれると嬉しいです!🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回記事はこちら

trippy-trip.com 

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com