sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

コロナ禍の既婚者パーティー・サークル in 新宿

スポンサーリンク

コロナ禍でコテンパンに経済がやられている中、ウィズコロナという共存形態を社会が選び始めたもののまだまだ感染拡大している最中の2020年9月。

過去に「既婚者パーティー/サークル in 東京 感想 - sekaiの違い」でご紹介した既婚者向けパーティーがしぶとく開催されていたので参加してみた。

今回はこのアンダーコロナと言う状況の中での既婚者の集い、と言う感染経路を特定されたら言い訳の効かない会に参加している猛者、剛の者たちは一体どう言う方々なのかをチェックするべく参加。

参加する前は運営会社が用意したサクラが参加者の主流になるのでは、と予想していたが、実際に行ってみるとそうではなく1名を除き自分の意志でご来場したツワモノども。

ただし流石にこの状況、参加者は結果的に男性5人、女性4人のミニマム開催であった。運営者が女性と直で繋がり、参加者が少ないことが分かると当日LINEなどで呼び寄せて頭数を合わせることがあるということは聞いていたが、その手法を持ってしてもこの人数(女性がマイナス1)しか集まらないということはこの背徳プレイスを誰もが敬遠している様だ。運営者側も売り上げ確保がきついであろうことは容易に想像できる。

今回はそんな大人の事情はヨソに参加している剛の者たちはどんなバックボーンを持っているのか興味津々で行ってみた。

 

f:id:xshu:20201017174217j:plain

写真はイメージです

コロナ禍の少人数パーティー

今回申し込んだ開催地は新宿某所。

開始時間の10分前に訪れてみたが会場の入り口には誰もおらず会場へ一番乗りのようだ。過去に参加した時は開始10分前から受付に長蛇の列ができていたこともあり閑散具合に拍子抜けする。

そして運営会社は違えどこの手のパーティーは2回目なので気を取り直し落ち着いてビールを注文。参加人数はこの状況下では少ないと予想できたので気を使うことなくグビグビ先にビールを飲んでいた。

すると座っている椅子の背後にある受付に女性の来場者の気配が。

それに感づき、今すぐ見てぇぇと思ったが急に真後ろを振り返るのもいい歳したおっさんとしてスマートさに欠けることもあるので店員が女性を席に案内するのを待つ。

緊張の瞬間である。

ドキドキの中、テーブルに着いた人妻Aに目を向けると45歳前後。

うーん、若干範囲外であった。

とはいってもそこは大人。

軽い談笑しながら飲み物を確認後、ボーイに注文をしてビールで乾杯する。

そして当たり障りない話からスタートしパーソナルな話に移行するしようとしたその瞬間、新たに数名が受付開始。

あ、新しい人が来た、と人妻Aに白々しいことを言いながら今度は遠慮なく振り返ってみると30代の女性1名と男性2名、合計3名がご来場。

関節に無理言って自分が座っている席の真後ろにある受付を見るのは大変なので凝視はできなかったがこの新規参入の人妻Bはなかなか派手めで好みである。(34歳)

この人妻Bとおっさん1人がXと人妻Aが座っているテーブルに案内され合計4名のテーブルが出来上がった。

その後、新たに4人の男女がご来場し2つのテーブルに分かれてパーティーが開始された。

f:id:xshu:20201017174956j:plain

実際はこんなに爽やかではない

既婚者パーティーの流れは同じテーブルに座った男性がコンビになって会話を展開し一定の時間がすぎると司会者からテーブルを移動するよう促され順番に人妻詣でをするのが基本。

つまりこのパーティー開始時点でXと同じテーブルに座っているおっさん(推定45歳)が今宵の相棒となる。この相棒となるおっさん、初め見た時に疲れた表情&若干挙動不審だったので大丈夫かなぁと心配になった為、面接のようにスペックを確認してみると会社役員、BMWに乗っている金持ちであった。頼りになる男である。

テーブルの話題が金持ち話になったらこのおっさんに話を振って自分はひたすら頷いていようと自分の中で役割分担を勝手に決める。

背徳テーブル1

司会者の乾杯の合図とともに簡単に人妻ABと自己紹介を開始。

少し派手めの人妻Bは小綺麗な外観だけあってかなり年上の会社経営の旦那を持つ社長夫人。身に纏っている洋服から化粧まで手入れが行き届いており生活感を感じさせない雰囲気はなかなかだ。隣のテーブルを一通り見渡した後、この日のターゲットは人妻Bで決定。

人妻Aの方は事務員をやっていて年下の旦那さん持ち、至って普通で真面目そうな、ある意味どこにでもいる人妻だ。(ここにいる時点で普通ではないが)

しかしながら会話が盛り上がってくるにつれ人妻Aはこう言った会に何度も参加しているだけあって健全な見た目とは裏腹な男女関係に関しての大胆な発言を繰り出してきた。

この人妻、SとMに関する話が多く縄の講習に通っていた身からすると共通の興味を持つナイスな属性かつ面白い会話ではあったが、あまり話を掘り下げると人妻Bからドン引きされる可能性があったので常識の範囲を超えない、程々の大人の対応に徹した。しかしながらなかなか侮れない経験豊富な人妻であった。

このテーブルでは基本、人妻B狙いであった為に人妻Bを念頭においたテーブル展開に徹して司会者の合図で次のテーブルへ移動。

背徳テーブル2

次のテーブルでは32歳、子供が2人いるヨガインストラクター人妻Cと40代前半の事務員人妻D。

こちらのテーブルに於いては若いに越したことはない、という信念を元に32歳ヨガインストラクターCをロックオン。話を進めてみると今回こう言った会は初参戦、なんのツテもなく興味津々で来てみたという行動派であった。

ヨガインストラクターだけあってスタイルも申し分なく明るい印象の人妻Cではあったものの話していると節々にメンヘラ発言が目立ち始める。始めは自分の勘違いかと思っていたが危険センサーが発動したので相棒のおっさんにBMWってかっこいいっすよねー、と会話をぶった切って話を振りBMWの魅力を存分に解説してもらい事なきを得る作戦でなんとか場を持たせた。女はみんなBMWが大好きである。

そしてパーティー終了。

まとめ

今回は前回のように男女合計40人、という大人数のパーティーではなく女性4名、男性5名の合計9名、合コンのように非常にこじんまりしたパーティーであった。

参加者人数が少ないが故に前回のように誰が誰だか分からなくなる、ライバル多すぎ、というような状況ではないので少人数の方がメリットが多いと感じた次第である。

今回の総括としては参加人数も少ないため前回の記事に書いたような女性側のカースト制度を感じることもなく、パーティー終了後のゴチャゴチャも無しで少人数の連帯感から二次会に行ったりとアットホームな雰囲気で前回より楽しめた。

またテーブル移動も少ないので必然的に一人に対する会話量が増え親密になりやすい環境でもあるので人妻BのLINEもしっかりゲットしその後も繋がり投資回収も完了。

人数少ない方が簡単かも。

おしまい。

次回からは大阪編。

※もし記事がよかったと思ったら 下に貼ってあるタイナイト情報のバナー or B!ブックマークのバナー押してくれると嬉しいです!🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の既婚者パーティー参加記事。ルールなど。

trippy-trip.comパパ活も色々大変である。

trippy-trip.com

何も考えたくない方はこちらへ。

trippy-trip.com

ススキノ

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com

trippy-trip.com