sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

悪徳施術師 やりたい放題 あ〜イク恋愛生欲情の扉 in ススキノ

スポンサーリンク

今回はススキノで少し変わったそっち系のお店。

すすきの旅行3日目の夜の行き先を決めるべくホテルの部屋で少しでも良さげなお風呂屋さんを探す為にググり続けていたらあっという間に1時間が経過。

色々頑張ったがどのサイトも同じような内容でそろそろ疲れ果ててきた頃、趣向を変え「すすきの 風俗 面白い」という検索ワードでググって出てきたこのお店をご紹介。

風呂は日本中どこでも入れる、今ここでしか行けない店に行こう、と無駄にフロンティア精神を発揮してたどり着いた店である。

まずこの恋愛生欲情の扉という店名からして何がどうなるのか見当もつかないこのお店、ザクっとホームページを確認後、面白そうだったので電話予約して30分後に行ってみた。

ちなみに敢えてリンクを貼らないがココのホームページは動画や写真が容赦無くモロに出てくるので決して電車の中など人目のあるところでググって閲覧しないようにしよう。enterを押して入るといきなり逃げ場がなくなる直球ど真ん中サイトだ。

昔、夜に新幹線に乗ってた時窓側に座る隣のおっさんがこっちから見えないよう隠れながらスマホでデリバリーサイトを見ていたのだが悲しいかな、窓にスマホ画面が反射してこちらから丸見え&おっさんは気づいていない、という間抜け極まりない場面に遭遇したことがある。

壁に耳あり障子に目ありという言葉の通り閲覧の際は細心の注意を払おう。

f:id:xshu:20201020164103j:plain
f:id:xshu:20201020164109j:plain
その手の店が密集するビル

アクセス

このビルは一階に無料案内所、 ビルの入り口壁面に恋愛マット同好会の看板がドカンと設置しているビルの8階に位置する。看板を見たときこの珍しい同好会にも是非参加してみたかったが体は一つしかないので予約通り8階へ。

そしてエレベーターホールで待っていると。

妙に気になる看板を発見する。

ボタン

f:id:xshu:20201020164106j:plain

本気度が伺える

なんとこの店は喘ぎ声で指名嬢を選べるという、そ、そこっすか、とつい冷静に質問してしまうようなポイントを売りの一つにしていた。

現地まできたら写真にある「ココを押して❤️」のボタンを押してみよう。エレベーターホールに女性の声が響き渡り北海道のおおらかさを感じることができるだろう。

ここはエレベーターホールなので指名はできないがはホームページへアクセスし嬢の在籍一覧ページから喘ぎ声を聞く、と言うどうしようも無いボタンをタップすると臨場感たっぷりの声が聞けるので家で聞いて電話で指名してから店に行くのもオススメだ。 

ちなみに嬢によっては在籍一覧から動画を見ると1500円引きと言うナイスな割引も。

話が横道に逸れたが店に入ると店員さんが元気よく迎えてくれる。

北海道の接客はどこに行っても素晴らしい。

そしてあまりにも下品な為ここには詳しく書かないが悪徳施術師コースを含んだ4つのコースからお好みのコースを選択する。

悪徳施術師コースと聞くだけで難易度高め、集中力と漢の器量が試されるコースだと予想がつきビビって他のふつーのコースを選択。(ふつーと書いたが内容的には十分異常なコースではある)

そして待合室で詳しい希望内容をアンケート。

日本のこの手の店は経験があまりなく、希望の内容を文字に起こして店員さんに渡すのはちょっと恥ずかしかったがこの殻を破ればまた1ランク上の違う世界が見れるハズと一生懸命書いて店員さんに託す。

しばらくしてご案内しまーす、と声をかけられ部屋へ。

このコースは客がシャワーを浴びている最中に嬢が部屋に入ってあんなことやこんなことをして待っている、というコースなので貴重品に対する対策はバッチリ。(要するに客の目が貴重品から外れる時間がある)

そしてきっちり店員さんから財布などを入れたボックスの鍵を預かり一人でシャワー。

しばらくするとバスルームの外が暗くなり喘ぎ声が。

これが準備完了の合図である。

バスルームから外に出ると事前打ち合わせ通りのシチュエーション。ここから先はホームページを見ていただければわかるが基本的にS傾向の顧客向けの店なのである程度好き勝手ができる良店である。

部屋に貼ってあった注意書きに喉奥追加料金と書いてあったがこうなってくると楽しみ方は千差万別、ご自分のスタイルで遊ぶべき店であろう。

嬢に話を聞いてみると在籍嬢は嗜好がS(も出来る)、Mともに混在しておりそれなりに経験あるラインナップが用意されている感じではあった。

まとめ

全てが終わりまたアンケートを依頼される。

店員さんに記入済みのアンケートを渡すとエレベーターを待っている間にヒアリング開始。若い店員さんに

  • どうすればもっとエロさを感じていただけますか?
  • こういうプレイがあったほうがいいなどありますか?
  • 「良かった」に丸がついていますがその上の「もっと良かった」に丸がつくにはどうすれば良いですか?

と直球&笑顔&真剣に聞かれ、質問の内容としては店舗運営のキモ、奥が深いかなりの難問である為返答に困ってしまった。

しかしながら取り組み姿勢としてはかなり気合の入った店であり、一人の客としてものすごく好感を受けたのは確かである。

日本のこう言った業態細分化による競争力強化への取り組み、コスパに頭が下がったススキノ滞在3日目であった。

 

おしまい。

 

※もし記事がよかったと思ったら 下に貼ってあるタイナイト情報のバナー or B!ブックマークのバナー押してくれると嬉しいです!🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加