sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

北海道らーめんの旅 櫻井ラーメンいそのかづお&すみれ in ススキノと江戸川橋の味噌らーめん三ん寅

スポンサーリンク

2020年9月に行ったススキノ旅行際に訪れた札幌はススキノにあるらーめん店をご紹介。今回の旅行前の事前準備では

  • 信玄
  • 雪風
  • すみれ札幌すすきの店

の3店舗へいく予定であったがGO TO キャンペーンの開始や9月の連休中ということもあり信玄は長蛇の列、雪風に行ったら休み、という引きの弱さで信玄と雪風は諦め22時から営業開始というトンがった営業スタイルの深夜店、いそのかづおと札幌の有名店すみれの2店舗に行ってみた。

f:id:xshu:20201018105211j:plain
f:id:xshu:20201018105207j:plain
長蛇の列の信玄。雪風はおやすみ。

いそのかづお

ガールズバーでひらすら飲んだ後、締めのラーメンとして信玄へ足を運ぶと遠目から見ただけでも1時間ぐらい並びそうな列ができており、こりゃダメだと1秒で断念。

時間を見ると21時30分ぐらいだったのでガールズバーの嬢へオススメらーめんを聞く中で複数回名前が挙がったニンニクの効いたらーめんを提供するという「いそのかづお」へ。営業時間は22時から5時ぐらいまででナイト系の方々の利用が多いかと思いきや結構ふつーのOLさんが並んでいたりと客層は幅広い。

アクセス

ススキノのど真ん中に位置するが、一見さんがフラッと入るような店構えでなく第2旭観光ビルの中の一テナントとして営業している。

なので下の地図を参考に行っても外からだとぱっと見てわからないのでビルの中に入ってみよう。

 ビルの一階の内廊下に店舗はあり、22時前に行ったとしても数名並んでいるのですぐにわかるハズ。

Xが到着したのは21時40分ぐらいであったがすでに10名ほど並んでいた。

f:id:xshu:20201017181220j:plain
f:id:xshu:20201017181229j:plain
このビル入った奥に店はある。看板が外にないので注意

そして待っている間に廊下に貼ってある張り紙を見ていると「札幌ブラック以外全く人気がありません!」と潔いお知らせ文がありそこまで言うなら、と札幌ブラックを注文することに決定。

そしてしばらく待っていると席が空いた。

f:id:xshu:20201017181205j:plain
f:id:xshu:20201017181213j:plain
深夜の人気店

オーナーさん自ら一人で10席弱ぐらいのカウンターを回している。入客が途切れないと考えると儲かりそうだが恐ろしく疲れそうなスタイルだ。

しかしながらカウンターが埋まっていても後ろに並んでいる客に声をかけ先にオーダーをとって回転率をキープするスタイルなので客さばきはとても早い。

そう言った回転率を気にするXはサイドメニューの「かつおTKG」を注文しようと思っていたがXの回の客全員が札幌ブラックしか注文しなかった為オペレーションが崩れると悪いので遠慮しといた。

f:id:xshu:20201017181159j:plain
f:id:xshu:20201018110908j:plain
潔い告知文。札幌ブラックを注文しよう。

そして席について3.4分で商品到着。

なるほど、ブラックである。

崩すと不味そうに見えるがそんなことはなく、ニンニクの効いた一回食べたら癖になる中毒系のらーめん。昼間に新千歳空港でサッパリ系の梅光軒を食べて本日2回目のらーめんであったがそれでも最後まで飽きずに美味しく食べられた。

あと10歳若かったら毎日食べに来る味だろう。好き嫌いは分かれそうだが胃がもたれつつも個人的にはおすすめ、食後に太田三共胃腸薬を飲もう。

f:id:xshu:20201017181155j:plain
f:id:xshu:20201017181209j:plain
中もブラック

すみれ札幌すすきの店

言わずと知れた有名店。今年の6月にすすきの旅行でらーめんを調べた際、一番最初に名前が出てきた札幌らーめん代表みたいな店である。

6月にススキノに行った際、並びにあるらーめん山頭火に吸い込まれて行けなかったため今回訪問。こちらの店舗も路面店でなく2階にあり東京では考えられない立地で、当たったら儲かるんだろうなぁと思いながら味噌らーめんを食べてきた。

f:id:xshu:20201017181216j:plain
f:id:xshu:20201017181223j:plain
店舗は2階にある

アクセス

月寒通りより北側にありススキノの交差点より歩いて3分ほどの好立地。ビルの2階に位置するが置看板も設置されているので見逃して通り越してしまうことはないだろう。

 この日は連休中ではあったが信玄のように長蛇の列になっておらず店内で少し待つ程度の混雑状況。有名店であるが故によく札幌に来る観光客は皆すでに食べ尽くしたという状況だったのかもしれない。

この日の夕方、ススキノの風俗街を歩いていたら若干ガラの悪いお兄さんが歩きながら電話口で「けやき(らーめん)がよー、観光客がいっぱいで・・・」という感じの愚痴を聞いたので地元の方々も観光客が急に多くなってきたことを肌感レベルで感じていそうであった。

ということで、運が良かったこともありそんなに待たずに入店。

f:id:xshu:20201017181202j:plain
f:id:xshu:20201017181226j:plain
券売機で当然味噌を購入

初めて食べるすみれであったが味はシンプル、イメージする札幌ラーメンの基礎を担っているんだなと実感出来る味であった。雑味が少なくトンガっている感じはない綺麗な味、と表現出来るらーめんかな。

ちなみにXは味噌らーめんにハマって以来、東京の江戸川橋駅近くにあるらーめん屋さん、三ん寅というお店によくお邪魔する。

このお店はすみれで20年近く修行された元店長さんが最近出したお店のようだ。こちらも当然ながら美味しいのだがその味はこのすみれの味が派生したものだとはっきり分かるものである。

すみれが好きな方はそちらにも足を運ぶといいかもしれない。

ramendb.supleks.jp

という感じで信玄と雪風は行けなかったがいつものようにサッポロクラシックを飲みながらススキノナイトライフの締めのラーメンをいただき大満足であった。

おしまい。

 

※もし記事がよかったと思ったら 下に貼ってあるタイナイト情報のバナー or B!ブックマークのバナー押してくれると嬉しいです!🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加