sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

続・漢の修行 in ススキノ 準備 2020 9月

スポンサーリンク

7月下旬の北海道の10日間の旅行「爽やか北海道2020 9泊10日で中途半端に北海道一周 準備 - sekaiの違い」を終え、金も体力も尽きかけたのでしばらく東京でボーっとしていた9月上旬、9月に4連休があることに気がつき一人旅プランを練り始めた。今回は中洲にでも飲み行こうかとエアチケットを色々チェックしていたものの流石にコロナ自粛の気分も緩んだ9月の4連休、客足は少し回復しLCCで往復2万ちょっとという気分的に割高プライス。

そして何気なく成田ー札幌ラインを調べてみるとピーチで往復10500円のチケットを発見。カード決済手数料と席指定を入れても13000円で2秒で購入、ついでに言うとアメックスのピーチ利用のキャンペーンで合計金額から約2000円引きでお得に購入できた。

上記の経緯で性懲りも無く3泊4日のススキノツアーが決定。

今回の目的も当然ながらお風呂+αとススキノでのらーめん、前回6月の訪問で気になったガールズバー目当てで色々下調べを実施した。

らーめん

6月の訪問の際、風俗のお姉さんからレコメンドをいただいた店舗と7月の中途半端に北海道一周旅行で食べ損ねた店中心に以下のらーめん店を取り敢えずピックアップ

  • 梅光軒(新千歳空港)
  • すみれ
  • 信玄
  • 雪風

参考資料はこちら

trippy-trip.com

最終的にはガールズバーで得た情報によりススキノの人気深夜らーめん店「いそのかづお」に行ったりと訪問店舗は変わったがその辺は今後の記事アップでご紹介。

ガールズバー

6月のススキノ訪問の際は、企画力抜群のガールズバーが街中で目立っていたのにも関わらず(ガールズバーの制服バニーちゃんのケツが店外から見えるなど)ホテルでの部屋飲みに固執していた。

お風呂に行った後に頻繁に通えるわけでもないガールズバーに行ってもしょうがない&喋るのがめんどくさい、という考えの元にパスしていたが今回はホテルでの一人飲みを捨て面白そうなバーを探す。どうせなら現在コロナで行けないバンコクなどの東南アジア系の飲みができそうな店をピックアップ。

  • フェニックス
  • ミリオン
  • ストロベリージャム

上から順にポールダンス、バニーちゃん、生バンド演奏を売りにしたガールズバーである。こういった派手な店であっても間口の広い路面店で営業しているのがススキノのおおらかなところだ。

f:id:xshu:20201004181700j:plain
f:id:xshu:20201004174736j:plain
ネオンの派手さが少し東南アジアを彷彿させる

お風呂+α

ススキノのお風呂はコスパが非常に良い印象を持っていたので基本お風呂を中心に遊び若干変わった系の店を織り交ぜるという基本的枠組を決めた。そして現地で案内所や口コミなどを参考に訪問するスタイルにすることに。ススキノは6月にも訪問したので土地勘もあり嬢との出会いは水モノ、運がモノをいう前提の元、特に何も考えずにススキノナイトライフを過ごすことにした。

f:id:xshu:20201004174743j:plain
f:id:xshu:20201004174740j:plain
店数豊富

レッドプラネットすすきの中央

前回はアパホテルすすきの駅前を利用したが若干中心街より東側に位置していたので今回はススキノど真ん中、スクンビットソイ4のナナホテルもしくはメキシコはティファナにあるホンコンクラブの上のホテルカスカダス(連れ込み)のような夜遊びの為にあるような立地のホテルを探すことにした。

すると過去にマニラのマカティ地区で遊んだ際に宿泊候補に挙がったチェーンホテルを発見。レッドプラネットホテルズである。アジア4カ国で展開しており東南アジアで活動する方には馴染みのあるホテルかもしれない。

f:id:xshu:20201004180336j:plain
f:id:xshu:20201004180340j:plain
4カ国に展開中

レッドプラネット札幌すすきの中央、というネーミングで分かる通り、立地は繁華街ど真ん中かつ2019年に新規オープンで価格も一泊5000円だったので2秒で予約。

後にブログに詳しくご紹介するが新しいこともありとても良いホテルであった。

注意点があるとすればホテルを出てみると正面がお風呂屋さん、少し右に視線を移すと無料案内所、さらに右に視線を移し健全なコンビニを発見するもその隣が無料案内所アゲイン、という泊まる人種が偏る立地ではあるのでカップルや家族連れは気をつけよう。

ここに宿泊すると、もはやホテルの部屋にシャワーがなくとも気にならないだろう。

昼間の暇つぶし

どこに行っても付きまとうこの問題をクリアするため色々観光地を調べる。しかしながら前回6月に札幌に来た時に近くの有名どころはだいたい訪問済み。「あなたの知らない世界 電波コロナマスク in 札幌 - sekaiの違い」でもご紹介した電波系ハウスの再訪問も考えたが後学のために札幌近郊の新しい観光地に行ってみようとワイナリー、ニッカウイスキー工場見学などをピックアップ。

しかしながら両方とも予約がいっぱいだったり一人旅なので予算に都合がつかず断念。取り敢えず札幌から電車で1時間弱の小樽観光とノースサファリサッポロという動物園にマトを絞った。

小樽は説明不要の観光地であるが、しょうもない観光地はないかググって行き着いたのがノースサファリサッポロであった。

調べてみると日本一危険な動物園と言われるデンジャラスゾーンを擁するローカルサファリのようだ。デンジャラスゾーンに入る際には事故にあった際の免責の誓約書を書かされる危険レベルである。

おっさんの一人旅で動物園、というのは若干気が引けたが他に興味の引く観光地もなかったため行ってみた。

f:id:xshu:20201006182647j:plain
f:id:xshu:20201006182651j:plain
小樽運河とサファリの危険な看板(ある意味無責任)

 

ということで次回からは札幌ススキノ夜遊びとラーメンなど旅行のトピックスをご報告。

前回のススキノ夜遊びツアーはこちら

trippy-trip.com

 おしまい。

 

※もし記事がよかったと思ったら 下に貼ってあるタイナイト情報のバナー or B!ブックマークのバナー押してくれると嬉しいです!🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加