sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

2020 札幌 新千歳空港とらーめんけやき in らーめん道場 ススキノ旅行最終日

スポンサーリンク

北海道は札幌、ススキノ開拓の最終日は東京に帰るだけ。帰りの手段はススキノ→さっぽろ→新千歳と言う電車乗り継ぎで空港へ。

女・らーめん・海鮮の街と言う大人の魅力いっぱいのススキノとも今日でお別れだ。

f:id:xshu:20200814121628j:plain
f:id:xshu:20200814121645j:plain
地下鉄・JRに乗り1時間で空港到着

新千歳空港

そしてさっぽろ最後のらーめんを食すべく新千歳空港らーめん道場へ。時間は朝9時30分ぐらいだった為らーめん道場の区画内はまだ暗くほとんどやっていない状態であった。入り口が真っ暗だったので一瞬諦めかけたがダメもとで取り敢えずズンズン進んでいくとらーめんけやきが営業中であった。

f:id:xshu:20200814121618j:plain
f:id:xshu:20200814122801j:plain
真っ暗ならーめん道場。その中でもけやきが営業していた。
f:id:xshu:20200814121708j:plain
f:id:xshu:20200814121652j:plain
うますぎるかにラーメンとサッポロクラシック

スープにトロみがあり普通のラーメンとはまた違う絶妙な味であった。このラーメンとビールを毎日食せる道民が羨ましい。

けやきを含めた札幌のらーめん紹介ページはこちら。

trippy-trip.com

 そして朝からこってりしたらーめんを食べて少し気持ち悪くなったあと、フライトまで時間があったので飛行機の見学デッキへ。

f:id:xshu:20200814121655j:plain
f:id:xshu:20200814121634j:plain
天気も良く、客も少なく快適

6月の晴れた新千歳は暑すぎず空気もキレイでゆっくり見学するにはとても気分の良い場所であった。

また、この見学デッキの入り口付近には各種クレジットカードで無料で入れるスーパーラウンジの他に新千歳空港の歴史に関するミニ博物館やフードコートもあり早めに空港に来てゆっくり過ごすのも一興かもしれない。

地方空港の施設としてはとても充実していると思う。

f:id:xshu:20200814123940j:plain
f:id:xshu:20200814123932j:plain
航空ファンには嬉しい無料施設

クレジットカードのラウンジ。今回は時間がなかったので利用せず。

f:id:xshu:20200814121715j:plain
f:id:xshu:20200814121659j:plain
色んなカードが使えるので通常時は混雑必至だろう

  

地図アプリ Maps.me

そしてチェックイン後、遅延なく搭乗。今回は一番前の席でなく一番後ろの席を予約。横の席には誰もアサインされずリクライニングをマックスに倒して横になる。

f:id:xshu:20200814124617j:plain
f:id:xshu:20200814124625j:plain
空いているので横になってくつろぐ

行きフライトと違い帰りは天気も良く安定したフライトであった。

f:id:xshu:20200814121641p:plain
f:id:xshu:20200814121638j:plain
Maps.me上で飛行機の位置を確認

上の写真はMaps.me を使用して地図をスクショした時の外の様子。

直進方向に対して右側の窓からは室蘭方面が見える。Maps.me は地域ごとに予め地図をダウンロードしておけばオフラインでも使用できる優れもの。しかも位置情報はかなり正確だ。山に行って遭難してグーグルマップを開いたら電波がない時や電波もない様な世界の僻地に行って迷子になった時に利用しよう。

今回の様に席にモニターが無い貧乏フライトの時の位置確認にも有効だ。

 

オフラインのマップ、GPS ナビゲーション:MAPS.ME
オフラインのマップ、GPS ナビゲーション:MAPS.ME
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ

そして1時間30分の快適フライトの後、現実世界に到着。

f:id:xshu:20200814121711j:plain
f:id:xshu:20200814130254j:plain
東京駅まで1000円

まとめ

非常事態宣言も明け、県外移動もオーケーになった今回の2020年6月ススキノ旅行は日本の観光地を見直す良いきっかけになったと思う。

普段は一人で東南アジアに行ってひっくり返るまで酒を飲んでぬるい空気を満喫したり、ヨーロッパの街角おしゃれカフェや天気のいい日のFKKでゆっくりビールを飲んで絶世の美女を探すことがXの旅行スタイルであったが、新しいオプションとして北海道は非常に魅力的な土地だと思った次第である。

単価が安く球数も多く美人の多い札幌。ついでに飯もうまい。リピート必至の安近短の大人の街であった。

 

 

おしまい。

 

※もし記事がよかったと思ったら 下に貼ってあるタイナイト情報のバナー or B!ブックマークのバナー押してくれると嬉しいです!🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加