sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

2020 札幌 アパホテルで2500円ステイ ススキノ旅行 1日目−1

スポンサーリンク

前回まで北海道は札幌近郊の観光、ススキノにまつわるトピックスを取り上げてきたが今回からは2020年6月に行った3泊4日のススキノ旅行記をスタート。

緊急事態宣言及び県外移動制限も緩くなったところでコロナに気をつけながらロシア・ウラジオストク旅行以来の3ヶ月ぶりの旅行となった。

※その訪問地決定の経緯と準備の様子はこちら。

trippy-trip.com

今回はススキノでのナイトライフ、札幌近郊のマジキチ電波系スポット、北海道博物館への訪問など3泊4日で好奇心と知識欲を満たし、そしてある意味コロナで鈍った体を鍛え直すべく漢の修行トリップを画策。

 まずは新千歳空港へ向かうため成田へいつも通り東京駅発のLCBで向かう。コロナ君大ブレイク後の初のLCBであるが出発当日の朝、時刻表を見てみると通常は10分に一本出ていたバスはなんと1時間に1本しか出ていないことが発覚。慌てて飛行機の出発時間から逆算し家を後にした。

f:id:xshu:20200802121445j:plain
f:id:xshu:20200802121451j:plain
コロナで便数減、それでもバスの中はガラガラである。

成田第3ターミナル国内線

当然首都高も空いており予定通り第3ターミナルへ到着。

今回のピーチは座席指定込みで往復17400円というお買い得プライス。空港に着くとやはり客がおらずガラガラであったが新しくローソンがオープン、おみやげ屋さんなども完成間近で少しずつ投資が進んでいる様子。

f:id:xshu:20200719174447j:plain
f:id:xshu:20200719174642j:plain
チェックインカウンターはガラガラ。新しい店も。

国内線利用は5年前ぐらいに札幌だか沖縄だかに仕事のフリをした遊びで行ったっきり利用がなく勝手がわからない為、トラブったら面倒なので自動チェックインをして早めに手荷物検査を済ませゆっくりビールを飲もうとさっさと中に入る。

f:id:xshu:20200802121441j:plain
f:id:xshu:20200802121438j:plain
手荷物検査後、すぐに搭乗口があった。

手荷物検査を終えおもむろにビールを飲もうと店を探すが何もない。椅子しかない。自販機すらない。

何をやっているんだ第3ターミナル国内線。

しょうがないので不機嫌マックスで約1時間搭乗を待つことに。ビールぐらい売ってくれ成田。

※この時は手荷物検査場近くの搭乗口だった為気がつかなかったが、7月にも懲りずに北海道へ行った際は違う搭乗口をアサインされもっと奥に行ってみると酒やおみやげも売っていた。この時は気がつかず残念。下の写真は7月訪問時のもの。

f:id:xshu:20200802123524j:plain
f:id:xshu:20200802123520j:plain
奥の方の搭乗口付近には店がある

そしてシラフのまま約1時間の地獄のウエイティングを終えやっと搭乗。新千歳まで約1時間30分のフライトであったがこの日は気流が荒れていて揺れまくり久しぶりにビビる。

飛行機は数年前にグアムで現地ツアーを利用してポンコツ小型機を運転した経験があり、あんな空中分解必至のポンコツでテキトーに操縦桿握って運転しても墜落しないんだからジャンボジェットが落ちるわけない、と頭では理解していたもののフライト中にドガーン!!とかドンドンドン!!という荒くれ者が飛行機を引っ叩いているようなBGMをバックに東日本大震災並みの揺れが来るとさすがにビビってしまう。

f:id:xshu:20200719174620j:plain
f:id:xshu:20200719174616j:plain
今回往路は一番前の席を予約。

そしてビビりすぎてキンドルで読んでいた本の内容が頭に入らないまま新千歳に到着。

新千歳空港レストラン街

まずは危険フライトを乗り越え生きていたご褒美としてビールと海鮮丼だ、と空港のレストラン街へ。到着は1階なので2階へ上がりそこからエスカレーターで上へ。

f:id:xshu:20200802130458j:plain
f:id:xshu:20200802125824j:plain
まずは海鮮丼

前もってリサーチしていたふく亭へ脇目も振らず到着するもコロナで店休。

去年は豚コレラのせいで北朝鮮との国境にも行けず今回はコロナのせいでお目当の海鮮丼が食えず、プッシーキャットでも酒が飲めずウイルスがとことん行く手を邪魔をしてくれる。

気を取り直してその辺をウロウロ。

f:id:xshu:20200802125828j:plain
f:id:xshu:20200802125845j:plain
ふく亭は店休。違う店へ。

とりあえずふく亭以外だったらもうどこで食っても同じだろうと割り切り適当に店に入り海鮮丼を注文。ビール込みの値段はベイビーガールの名刺割を利用した時とほぼ同額であった。高い。

新宿・歌舞伎町ベイビーガール情報はこちら。

ベイビーガール in 新宿歌舞伎 938バーツ(3250円)デフレジャパン2020③ - sekaiの違い

f:id:xshu:20200802131535j:plain
f:id:xshu:20200802125808j:plain
ビールがうまい。が、値段が高い。

お腹いっぱいになったところでJRでアパホテルすすきの駅前に向かう。札幌での電車移動は初めてであったが東京みたいにごちゃごちゃしていないので適当に電車に乗って札幌に到着。約40分の移動時間であった。

f:id:xshu:20200719174645j:plain
f:id:xshu:20200802125836j:plain
1150円で札幌まで。車内はガラガラ。
f:id:xshu:20200719174533j:plain
f:id:xshu:20200802132406j:plain
札幌で地下鉄へ乗り換えて約5分でススキノ

 そしてアパホテルへチェックイン。今回は「アパホテル札幌すすきの駅前 1泊2500円ステイ - sekaiの違い」で紹介した通り1泊2500円キャンペーンで3泊合計7500円というスペシャルプライスで宿泊。

チェックイン後、まずはススキノの街探検、というより風俗街とラーメン横丁の位置関係を明るいうちにチェックしに行った。

 

実際に街を歩いてみて驚いたのは店舗型の店の多さである。デリバリー中心の他の都市より明らかに箱型が多く、無駄にホテル代が追加でかからない、受付後も移動時間がない、という点はかなりの強みになるのではないかと考察する。それでいて総額も安くタイの地方には及ばないもののバンコクへの短期旅行よりは金銭的、時間的さらには旅行の難易度で考えるとトータルコスパがいいのではないかと感じる次第であった。

ちなみに今回の旅行で3軒行ったが

  • ドMなバニーちゃん12000円/50分(シティーヘブンクーポン使用、17時以降割増込、入会金込)
  • プッシーキャット1000円/40分(シティーヘブンクーポン使用)
  • 瑠璃蝶13500円/50分(無料案内所経由)

という感じで瑠璃蝶のコスパは素晴らしい。

上記3軒の体験記はこちら。

ドMなバニーちゃん in ススキノ - sekaiの違い

プッシーキャット in ススキノ まるでゴーゴー in タイ - sekaiの違い

ソープ・瑠璃蝶 in ススキノ スタイル抜群 - sekaiの違い

ということで歩くと疲れるので街探索はそこそこに滞在初日はドMなバニーちゃんに会いに行くことにした。

 

続く。

※もし記事がよかったと思ったら 下に貼ってあるタイナイト情報のバナー or B!ブックマークのバナー押してくれると嬉しいです!🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加