sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

コロナ禍のパパ活相場 in 新宿

スポンサーリンク

女・ラーメン・海鮮の楽園とも言えるススキノから帰った6月のある晴れた日の午後、Xは東京でティンダーをひたすら右スワイプしていた。ススキノ遠征に向けてティンダーで現地調達できないかな、と1ヶ月間だけ有料会員になっていたのでススキノから帰ってきてもまだ右スワイプし放題。新しい夢を追いかけていた。

するといくつかマッチしたのでそれぞれ見ていくとP活(パパ活)希望、いうストレートな文言をコメントに書いている女子が2人ほど目に止まった。

A嬢の場合。

  • ルックス:上
  • 年齢:20歳
  • 職業:サービス業

f:id:xshu:20200715175343j:plain

写真はイメージです。

コメント欄には「金は愛。私の愛は金で買えます」と書いてあり若干メンヘラ気味、銭ゲバ直球であまり深追いしたくないタイプではあったが逆に興味をそそり物は試し、メッセージを送ってみた。


写真だけ見るとなかなかの美人である上20歳というスペックだ。また、ハーフ顔である故にどっかの国との混血かどうか聞いてみたところ、ペルーとロシアそしてジャパンという南米とユーラシアの3ヶ国オリジンが混ざっているという日本ではなかなかお目にかかれないというか、本当かなぁと言わざるを得ない返答が来た。

経験上、大陸のアジア人で複数のオリジンが重なる嬢もいるにはいるが日本という島国ロケーションで考えるとかなり希少、というか限りなく嘘に近い。

化粧と整形でなんとでも言えるのが現代社会である。

そしてめんどくさいので直球でオトナ価格を聞くと15万。

死んでしまう。

f:id:xshu:20200629190531j:plain

高い。

15万円の価値をどう見るかは人それぞれだが一般的な尺度で考えてみた。

学生の頃より死ぬ気で勉強してやっと飯が食えるようになった弁護士や会計士などの難易度の高い士業の専門職のおっさんが1時間で稼ぐ額(相談料)が一般的に2万前後とした場合、1分単価は333円である。

それと今回の嬢を比較すると飯食ってやることやって15万。

飯に2時間、やることやって2時間。合計4時間(240分)であるならば時間単価で考えると3.75万円。さらに噛み砕くと1分単価は625円。

弁護士、会計士の相談料と比較すると約2倍の効率で稼ぐ計算、ほとんど光の速さで稼いでいることになる。

 

ぶっちゃけた経験則から言えば20代中盤で職業モデル、レースクイーン、AV女優、地下アイドル(全業種「売れない」の枕詞付きだが)で外見上それなりのオーラを身に纏った嬢と同じコース(240分)をした場合、通常時の相場は6万から12万。(仲介込、飯代別)

こういった上玉コースで1分単価は250円から500円にも関わらず今回はそれより高い。しかもコロナ不景気の最中である。

 

無駄に長生きしているおっさんとしてはここは甘やかしてはいけない。タイでチップを多めに払って相場を上げる迷惑な観光客と同じになってはいけない、と思った次第であった。

 

ちなみにここ最近記事にしたピンクのサロン in 新宿のピンキー、ベイビーガールにおける嬢の1分単価はそれぞれ133円と108円である。

※参考記事

ピンキー in 新宿歌舞伎 1155バーツ(4000円)デフレジャパン2020② - sekaiの違い

ベイビーガール in 新宿歌舞伎 938バーツ(3250円)デフレジャパン2020③ - sekaiの違い

プロとしてプライドを持った匠の技術や接客の価値が100円台で大したことない素人の方が5倍以上分給単価が高いというちょっと納得いかない理不尽な世の中である。

そして熟考した結果

それだったらピンキー嬢に金を払うぜ!と決め、自分の中での病的な計算と訳の分からない問答を繰り返した挙げ句にこの嬢はスルー。

 

B嬢の場合。

ルックス:中

年齢:23歳

職業:事務員(新卒一年目)

f:id:xshu:20200716183402j:plain

写真はイメージです

 ティンダー内チャットでのこの嬢とのやり取りで感じたことは非常に謙虚で一攫千金を狙おうとしてる感じはなくイメージは清楚系、銭ゲバ感は前面には出してこない。パパ活というのは遊びでなく仕事であるということは理解しているようだ。

まあ取り敢えず会って喋ってみないことにはどんな嬢か分からないので基本的に今後大人アリ(会ってみて嬢が嫌でなければ)というのが大前提で、と確認した上で面接飯代5000円を条件に一度会ってみることにした。

そして連絡手段をメールに切り替え約束当日。この嬢はラインでの連絡は拒否。彼氏がいるのかタイムライン対策か、といったところだが裏を返せばアカウントを1つしか持っていない、という証明だ。この時点でなんて誠実な嬢なんだ、と思った。


そしてすっぽかされるのもアホくさいので前日および当日の朝に連絡を入れると素早いレスを受ける。この動き、なかなか営業向きの嬢かもしれない。若いのに金を稼ぐということがどういうことかをよく理解している。

そして約束の時間5分前に現れた嬢は写真に偽りなくカタギOL、仮に一緒に会社で働いていてもこの子がパパ活??!!と声を上げてしまいそうな素人(に見える)であった。

5分前行動ができておりさすが日本人のOLだと感心していると焼肉が食いたいというので新宿某所の焼肉屋へ。

昼間なのでノンアルで嬢と話。

現在の昼間のメイン活動はOLさんということでとてもしっかりハキハキ、笑顔も忘れず企業面接のようなランチ展開。

そしてXは一通りの雑談の後、飯を食いながら以下のマジ系質問を投げかける。

  • 住んでる場所
  • 昼間の仕事内容
  • 昼間の仕事の休日・勤務時間帯
  • 昼間の給与の手取り額
  • テレワークの有無(フレキシブルな時間対応が可能かを確認)
  • 休日の過ごし方
  • 彼氏の有無
  • 単発 or 長期
  • パパ活の希望勤務日数
  • パパ活の希望手取り額
  • パパ活において平日は何時から活動できるのか
  • 本人の大人度チェック(許容範囲の確認)

コンビニバイトに応募してきたダブルワーク希望者のおっさんへの面接みたいな質問を積み上げ、最終的に嬢がイメージしているパパ活単価を割り出した。

 

最も重要なポイントは上記に記したパパ活の希望手取り額/パパ活勤務日数である。

以下 

・パパ活希望手取り額

7万ちょっと(家賃分が欲しい)

 

・パパ活勤務日数

2週間に1回(毎週だと疲れる)→月に2回

 

概算で1日単価3.5万である。

これを分給換算で考えてみる。

1回会って240分(飯120分+ホテル120分)とすると1分あたり145円である。

上記にリンクを貼ったピンクのサロンであるピンキー嬢の分給133円にかなり近い。

しかしながら240分の中には別途投資としてメシ代とホテル代がかかるのでその数字では収まらないのは自明の理だ。

そう考えたものの、この程度の金額差に文句を言うのならばシンプルにピンクのサロンへ行くべきだしコミュニケーションをとりながら関係の可能性を広げていくのもこういった活動の醍醐味である。そう言ったフレキシブルな可能性が見込めると言う意味ではアメージングタイランドと質が似ている活動だ。

ルックス、トーク、金額提示共に許容範囲と判定。

 

また、少し興味があったので今までのパパ活歴や水商売歴、風俗歴を確認してみた。

  • 風俗、水商売はしたことない。
  • 18才〜22才まで(現在23ぐらい)特定のパパがいて定期的にお金をもらっていた
  • 活動歴は過去一人のみ
  • 前のパパの属性としてはオーバー50歳、地方経営者(東京出張時の現地妻ポジション)
  • その額は一回で3万ぐらい。ただし高いバック買って貰った場合などはそれが報酬としてインクルード。

多くを望まず質実剛健、銭ゲバ度は低い。

大体の話が見えたところで心の中の面接一次選考の書類に合格のハンコを押し、ではそろそろ大人の話をしっかり詰めないといかんな、と2次選考を始める。

 

どういったことが大人なのか、大人とはなんなのか、と嬢の価値観を一歩一歩確認していくと、だんだんトークのキレが悪くなってきた。

どうやら周りの目を気にして恥ずかしがっているようだ。路上やバーカウンター、はたまたホテルロビーなど所構わず海千山千の嬢を相手に大声でビジネスの話をしてきたXからすると意外、というかある意味新鮮な反応であった。

そしてよくよく周りを見渡すと左70センチ隣のテーブルには家族連れ、Xの後ろにはリッチな主婦達3人の昼飯女子会が開かれており、おっさんが大人の2次選考をする状況にないことに気づく。

と言うより、一歩引いて観るとこのテーブルだけ異常な雰囲気と言えるだろう。

これは長生きしている者としての配慮不足だな、と少し反省し後にメールでやり取りをしようということでまとめた。これにて面接終了。

 

感想としては非常に気を使える嬢で初々しさ含めて常識的、ぜひ我が社にも欲しい人材だ、というところであった。

またティンダーでのリクルートの為、応募単価は0円、面接にするにあたり5000円を嬢に支払い、食事は2人で8000円ぐらいだったので採用単価13000円となり他のアプローチとの比較で採用効率を考えると悪くない。キャバ、ガールズバーでリクルートするのであればもっとコストは掛かる。

 

ということで別れた後にメールで大人の話をしてみた。

f:id:xshu:20200717180106j:plain

あれま。

食事の時にあんまり大人な事に慣れていない、と小声で言っていたのは覚えていたがこれだと3万のコストパフォーマンスという意味ではかなり落ちる。とてもポテンシャルのある良い嬢ではあったものの残念ながら今回は不採用とさせていただいた。

 

まとめ

Xの場合は制限の中グダグダ駆け引きを楽しむよりピンクのサロンのように直接的な方が面白いと最近は考えていたため今回はスルーした。

しかしながらこう言った活動は色々経済環境を見極めつつ底値で拾えるとしばらくパフォーマンスの高い遊びが可能になると思うので駆け引きに醍醐味を感じる方はぜひ頑張ってみよう。ちなみに最近、キャバ嬢はコロナのせいで営業にならずエステに流れているようなのでそこでリクルートするのもまた一興かもしれない。

 

パパ活は35歳から似合い始める漢の活動である。

 

おしまい。

 

 

 

※もし記事がよかったと思ったら 下に貼ってあるタイナイト情報のバナー or B!ブックマークのバナー押してくれると嬉しいです!🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加