sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

両替事情 in ウラジオストク 市内・空港両替/ATM・街中で両替詐欺

スポンサーリンク

ウラジオストクでの両替は空港でやってはいけない。これが結論である。どの国でも空港の両替レートは悪いのは常識ではあるが、このウラジオストク・ネビッチ空港の両替所はその常識を上回る強烈ボリボリプライスで円を買ってくれる。※この記事の内容は2020年3月時点での情報である)

f:id:xshu:20200317162805j:plain
f:id:xshu:20200317175854j:plain
とてもコンパクトなネビッチ空港と極悪両替所&ATM

 荷物を受け取り、国際線の出口を出ると上記の写真のようなロビーに出る。そして通常、とりあえず現地通貨をゲットしようと両替所に向かいたいところではあるがここはグッと我慢して両替所の前にあるATMでキャッシングしよう。我慢こそが正解である。Xはいつもの癖で当然ATMに直行して9000ルーブル(15000円ぐらい)キャッシングしたが今回は日本円を持っていたので興味本位で両替して見ようと右の写真の青紫色に輝いている両替所へ赴いた。

空港両替所

するとココは日本から一番近いヨーロッパだということを再認識させてくれる美しいお姉さんがカウンターで手をコマねいており、気がついたら財布を開いていた。なにやらその綺麗なお姉さんがガラス越しに話かけてくるが、その綺麗な目を見てるだけで幸せすぎて文字通り彼女の瞳にくぎ付け。レートなんか見る訳がない。ドイツFKKでスーパー美人には慣れているハズだがしばらくドイツに行っていない為、Xはエブリシングウィルビーオーライと盲目的に1万円を渡し、君に任せるから両替してくれ、と伝える。そして冷静になりふとレートを見ると

f:id:xshu:20200317175326j:plain

buying rate と selling rate の差がひどい

上がbuy、下がsellである。事前調査では円とルーブルの相場は10000円が6000ルーブルぐらいと認識していたXであったが、赤ワクで括った上段の0.42という数字を見て、おかしいな、と気付き、下を見ると0.66と書いてあるので、あれ?セルとバイの認識が逆だっけ?と混乱。自分を疑ってしまった。結局自分が正しかったので大損はしているのだが、さらに良く見ると20000円以上両替すれば0.42のレートである。つまり2万円に満たない両替だとさらにレートは悪くなる。そしてその結果はこちら。

f:id:xshu:20200317182050j:plain

0.399である。10000円は3990ルーブル。

泣ける。という言葉がぴったりであろう。いくら何でもレートが悪すぎなのでキャンセルしようかと思ったが40過ぎたおっさんは20歳半ばの目が眩むような瞳を持つ女性に対してそれは言えない。あの綺麗な瞳を見つめる対価としての2000ルーブル(3500円)であった。ココは市内の両替所と比べて1万円両替するごとに3500円損をする両替所、と思ってもらって問題ない。(レート次第ではもっと損する)

そして日本に帰る時にもココの両替所のお姉さんのレベルをチェックしたところ、また別の眩ゆい美人お姉さんであった。Xのようなおっさんをカモにするべく美人を集める採用計画により売り上げを立てているのではないかとついつい勘ぐってしまう両替所である。(営業戦略としては間違っていない)

 

空港ATM

手順

上記に記した通り、キャッシングで9000ルーブルを下ろしたが、レートは0.6を超えていたので問題なし。この空港では現金両替よりクレジットカードを有効活用しよう。キャッシングの仕方は他の国と同じだ。

f:id:xshu:20200317175854j:plain
f:id:xshu:20200317162708j:plain
赤ワクを拡大すると右の写真になる

 

左の赤いディスペンサーはロシア語表記、右の機械もロシア語表記であったがとりあえず右の機械にクレジットカードを突っ込む。すると反応があり

f:id:xshu:20200317191051j:plain
f:id:xshu:20200317191057j:plain
英語を選んだら4桁のピンコード入力してacceptを押す
f:id:xshu:20200317191053j:plain
f:id:xshu:20200317191047j:plain
withdrawalを押してルーブルを押す

これで現金ゲット。

市内両替所・サミット銀行

市内両替に関してはいくつか銀行を回ったが両替はやってない、と突っ返されるところばかり。そもそも看板の文字が読めないのだから銀行自体どの建物なのか不明である。(しかも店の中が外から見えないようになっている建物ばかりである)ここで登場するのがグーグル翻訳のリアルタイム翻訳である。

f:id:xshu:20200318155858p:plain
f:id:xshu:20200318155952p:plain
翻訳こんにゃく

こんな感じで日本語に変換してくれるのでロシア語だろうがスワヒリ語だろうがアラビア語だろうが何とかなる。そして2軒ほど回っても両替を受付してくれず、寒い中あてもなく彷徨うのはナンセンス、ということでネット検索で評判の良いサミット銀行へ。

立地など基礎情報は下に書くとして、両替手続きは簡単だったので先に解説する。

手順

f:id:xshu:20200318155755j:plain
f:id:xshu:20200318155812j:plain
サミット銀行の外観。アドミラーラ・フォーキナ通り(噴水通り)に位置する。

黄色の丸いシールが貼ってある扉を開けると正面にタッチパネルの受付タブレットがあるのでそこで右下の「日本人」をタッチ。(なぜか「日本語」ではない)そのままガイダンスに従っていけば問題ない。

f:id:xshu:20200318155801j:plain
f:id:xshu:20200318155804j:plain
日本人というボタンを押して日本語で操作できるので安心

受け取ったレシートのケースで言えばy1窓口に行け、ということなので一番右の扉を開けてみるとカウンター越しに笑顔のおばさんが迎えてくれる。

f:id:xshu:20200318155758j:plain
f:id:xshu:20200318155809j:plain
ドア上部にy1と書かれているのですぐ分かる。この日のレート。

空港両替がいかに大損かよくわかる。この銀行は特にパスポートの提示などは必要なく現金だけおばさんに渡せば作業は終了。プリモリエホテルから歩くと20分ぐらい。

場所

 繁華街に位置するので観光ついでに両替するのに便利な立地である。ただ、間口は狭く注意しないと素通りしてしまうので注意が必要。

ショップカード

また、初めてこの街を歩く際、散歩がてら銀行を探すのもいいが寒い時期でピンポイントでこの両替所の前にタクシーを横づけしたい場合、下の写真をタクシーの運ちゃんに見せればOK。営業時間なども書かれており、ここには記載はないが週末も営業しているのは週末トラベラーにとってはありがたい。(日曜は19時までかな)

f:id:xshu:20200318155746j:plain
f:id:xshu:20200318155816j:plain
住所などロシア語で書かれている
f:id:xshu:20200318155807j:plain
f:id:xshu:20200318155751j:plain
日本語版はこちら

 まとめると、空港では両替せず最低限の金額をキャッシングし、市内で両替することを心がけよう。ウラジオストク到着時間帯にもよるが、空港から市内へは空港タクシーで一律1500ルーブルなので2000ルーブルも降ろせば十分だろう。(ちなみにプリモリエホテルの1階には狙ったかのようにATMがあるので予定外の金髪調達時の資金不足に対しては如何様にでもホテル内で対応可能)

※プリモリエホテルの宿泊記はこちら

airland.hatenablog.com

シンプルな両替詐欺

詳しくは後日のウラジオストク旅行記で書くが両替繋がりの話。Xがウラジオストクの街中を散歩しているとき、ロシア人のガキンチョ2人組に「今何時かわかるか?」と聞かれ立ち止まった。そして時間を教えた後、ガキンチョが5000ルーブル(一番大きな額の紙幣)をポケットから出し「これを少額紙幣に交換してくれないか」とのこと。

古典的な外国人ターゲットの両替詐欺だと2秒でピンときたので、しょうがねえガキンチョだと思いながらヤダ、と断ったが、路上散歩しているだけでもこういった詐欺もあるので騙されないよう気を付けよう。そもそも中学生ぐらいのガキンチョが5000ルーブルの大金を持っている訳がない。ダラダラ半世紀近く生きてるおっさんを舐めんなよ。

おしまい。

※もし記事がよかったと思ったら はてなブックマーク or ブログ村ランキングボタン押してね🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加