sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

既婚者パーティー/サークル in 東京 感想

スポンサーリンク

このブログは「少しだけ邪悪な海外旅行記という建て付けなのであまり日本でのことは取りあげないが、この度、日本でも少しどころではない邪悪な場所に行く機会があったので皆さんへご紹介。今回のこの題名を見てピンとくる読者も多いのではないだろうか。巷で流行りの既婚者向けイベントという下心アリアリの会である。運営者はもちろん不◯を推奨するとは倫理上口が裂けても言えないだろうが実際の現場はどうなのか、韓国から帰ってきたばかりのXは12月の忘年会時期に紛れて体験してきた。感想としては日本もまだまだ捨てたものではない。人妻モノのAVみたいなシチュエーションはこの国の現場レベルで日々実施されている。

f:id:xshu:20191219151846j:plain

気分だけはオランダ・アムステルダムのred light district(赤線)

 

 

まずは2時間以上に及ぶ参加女性との会話から参加者基本情報をまとめてみよう。

参加者属性 

女性参加者

  • 2割20代後半、残りは30代から40代(会により40、50代の会などもある)
  • 全員既婚。ほとんど子供がいる
  • 専業主婦、仕事を持っている人もいる
  • この手のイベントに場慣れした人多数(半分ぐらい)
  • 旦那が出張多く暇
  • 旦那が単身赴任で暇
  • 旦那と冷戦状態(LINEでは敬語でやりとりする)
  • 飯目的
  • チヤホヤされたい(女性としての意識を高めたい)

基本、目的は彼氏探しのため参加

 

男性参加者

  • 全員30代から40代(人のことを言えないがみんなチャラい)
  • ほとんど既婚(興味ないから聞いてない)
  • 子供あり、サラリーマン、自営業(多分)
  • 参加歴多数のツワモノ、初心者半々か。

基本、目的はバンコクテーメーカフェにいる男と同じ

 

以上の参加者属性をご理解の上、読んでいただきたい。

 

 会の流れ

男性が3人ひと組になって女性がすでに陣取っているテーブルに座り(場所は運営側に指定される)、そこで居合わせた男3人がその日のチームになる。(なのでこの3人のチームワーク次第で盛り上がり度合いが変わるので非常にメンツが重要になる。)そして一定の時間が過ぎると運営側が男性を隣のテーブルへ移動するようアナウンスを繰り返し、一巡して会は終了。その後参加者各自でのやり取りが行われる。

 

投資金額と参加するべき時間帯

男性は1万円弱から1万5000円前後(飲み放題、食事付き)で女性は3000円から8000円のレンジ。男性から見れば酒が飲める時間が2時間から3時間である点、今後の展開の期待が高確率で持てる熟女キャバクラと似つかわしい、と考えれば投資の価値がある。

また、こう言った会は、昼の会と夜の会があり、昼の会に出る女性は昼間に動きやすい生活環境、夜の会に出る女性は夜に動きやすい生活環境であるのは間違いない。女性視点で見ると普段の生活あってこそのココでの活動。こう言った傾向があるのは当然なのでそれを理解した上でこのブログの読者様は参加時間帯を選ぼう。

 

バンコクテーメーカフェの男女逆バージョンか

素直にこのサークルとは何か?と一言でまとめると、誤解を恐れずに言うならばこのタイトルがふさわしい。説明するにあたりまずテーメーカフェに来る人の目的を考えてみよう。

テーメーカフェに来るおっさんの目的

  • おっさんは性欲を発散したい、精神的に寂しいので店で気に入るを探す
  • おっさんは長い期間の関係か短期間ショット関係が可能なを探す
  • おっさんであっても自分の年齢より可能な限り若いを探す
  • は似たようなナンパスポットを回遊している。おっさんも他のナンパスポットを回遊している。
  • からの営業は積極的。おっさんは褒め言葉は営業トークであることを承知で取捨選択して自分の好みのを見つける

サークルにくるおばさんの目的

上記のおっさんの目的の太字部分の性別を逆にしてみよう。

  • おばさんは性欲を発散したい、精神的に寂しいので店で気に入るを探す
  • おばさんは長い期間の関係か短期間ショット関係が可能なを探す
  • おばさんであっても自分の年齢より可能な限り若いを探す
  • は似たようなナンパスポットを回遊している。おばさんも他のナンパスポットを回遊している。(他の運営会社の既婚者サークル)
  • からの営業は積極的。おばさんは褒め言葉は営業トークであることを承知で取捨選択して自分の好みのを見つける

Xが女性との2時間強に及ぶ会話を通して感じたことは、ここにいる女性達はまさにこのままであった。テーメーとの違いといえば直接的な金銭授与が無い分、アプローチにスマートさが必要なこととおばさん(女性)からのアプローチはほぼ無いことぐらいだろう。(おばさんおばさんと書いているが41歳のXの年齢から見れば全然いける女性多数)

 

既婚者サークルというリミテッドエリアで感じたこと

女性がストレート

通常、女性が初対面の男性と話す場合、プライベートや世間体を考慮しない内容(彼氏が欲しい、浮気歴、自分が旦那に嘘をついていることなど)には触れないが、ここではそんなことは関係ない。女性同士の牽制はあるものの倫理、世間体も何もなくまさに会話が明け透け。(制限時間のある会話の中、エロ話にまでは及ぶことはなかったが)

下記に参加女性が赤裸々に話してくれた内容を記す。既婚女性がいけシャーシャーと男を探す、というのが前提な場所の為、発言がはっきりしすぎてビジネスライクにも聞こえるが、非常に興味深いものであった。

  • 旦那に興味がないため彼氏を探しにきている
  • 若い男を彼氏にしたい
  • 若い男は感性が柔らかいから話していて楽しい
  • 若い子には豊かな感性や身体的な魅力を求めるが40代以上には包容力、金銭的なものを求める
  • 家庭のことなんかこの場では話したくない
  • ここには友達と飲みに行くと言って家を出てきた
  • 夕飯の支度を済ませて来てるから遅く帰っても問題ない

 経済的に満たされた人妻は若い男に若い感性や色気を求め、おっさんには追加金とワガママの許容を求め、自分の為に行動に移しているこの現実。

過去記事において若いうちにドイツFKKに行け、と言ってしまったXが間違いであった。若いうちはドイツへの旅費をこちらに回して近くて安くてエロい人妻がいるここに参加した方が良い。(自己責任ね。)

ちなみに若い男がいいと言われた時、Xはテーメーカフェにいつもいるおばちゃん嬢の事を思い出し、彼女の気持ちが少し分かった気分になった。読者の皆さんも露骨におばちゃん嬢に嫌な顔をするのはやめよう。人の振り見て我が振り直せ。

カーストが決まっている

こう言った会でもお局さんとその他経験が浅い人たちと分かれていて席を座る場所、運営側の対応なども違う。(テーメーカフェも仕切りの嬢はドリンクパントリー付近に陣取っている)ある一定の女性数を毎回集めなくてはいけない運営側からしてみれば安定して出席してくれる女性はそれなりに大切である。お局さん席に当たると(一巡するので必ず当たる)なかなか面白い。常に上から目線で男を品定め、ついでに説教がましい人妻ゲット方法論を諭され、歴戦のツワモノが故、この勝手知ったる会で彼氏を探すのと日々の鬱憤ばらしで飲みに来るのを混同しているように見受けられる。

いわゆるホスト飲みである。Xは接客業上がりのためおばさん(40歳ぐらい)の説教を聞く程度ではなんとも思わないが、もう少しスマートに飲もうよと思ってしまった。ホストの皆さん、大変お疲れ様です。

 Xは1人だけ連絡先交換してめんどくさくなって途中で帰ったが両者の目的がはっきりしている分、相手のニーズを汲み取りうまくアプローチすればカップルが成立するのは一般的な出会いより容易であろう。

 

いい歳こいたおばさんが韓国アイドルを追っかけてるのを見ていて不思議に思っていたが、ここまで明け透けな人妻達を見ていると、あれは本気なんだなと理解できた。女は何歳になっても恐ろしい。

 

まとめ

この話から見えてくるものは若い時は年上(経済力、わがままの許容)を求め、少し年上になると若さを求める。男と同じだ。A Vのいいなり温泉旅行シリーズや筆下ろしモノのシリーズは的を得ているとしか言いようない。 通常Xは、日本で嬢と遊ぶ場合は独身女性である。むしろ人妻は経験ないかも。なので今回はとても勉強になった。百聞は一見に如かず。皆さんもこの節操なき自己責任サークルに参加してみよう。

それと女性の連絡先をゲットするタイミングだが、ドリンクを取りに行く際(セルフサービス)にアプローチするのが最もスマートかも。会が終わってからのアプローチだと妙に競争倍率が高くなるので参加中は常時周りを虎視眈々と見渡し、ターゲットがドリンクを取る単独行動を起こした時に捕獲しよう。

 

ちなみにXももう1回行く予定だ。

※もし記事がよかったと思ったら はてなブックマーク or ブログ村ランキングボタン押してね🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 人妻よりプロが好みの方はこちら

airland.hatenablog.com

 どんな人妻でもウエルカムという方はこちら。

airland.hatenablog.com

 絶世の美女が良い方はこちら

airland.hatenablog.com

 フィリピン人妻を探したい人はこちら

airland.hatenablog.com

 タイ人も探そう。

airland.hatenablog.com