sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

2018 ドイツ FKK-SHARKS フランクフルト4日目(後半)

スポンサーリンク

オーストリア・ウィーンからホテルに帰ってきたXは残された時間を有意義に過ごす為すぐにホテルを出る。

今回の行き先はダルムシュダット、FKK-SHARKSである。

あらかじめネットで検索してFKK-SHARKSまでの行き方を紙にメモしておいたXはフランクフルト中央駅にダッシュで向かいチケットを買う。

f:id:xshu:20191123210406j:plain
f:id:xshu:20191123210411j:plain
駅のベンダーでチケットを購入

 

時間は19時を回っていたのでこれは電車で帰れないであろうと察したXは駅のATMで帰りのタクシー代を加味した金額を下ろす。これで怖いものはない。

チケットは買えたのでその辺の人にチケット見せてこれはどこのホームだと聞きながら電車に乗る。そして無事到着。

f:id:xshu:20191123210353j:plain

ダルムシュタット到着。

20時ぐらいでもまだ明るく、気持ち的に余裕を持って駅構内へ。

f:id:xshu:20191123210402j:plain
f:id:xshu:20191123210356j:plain
とても大きな駅

ずんずん歩いていくと突き当たって出口が2つある。どっちだ?と迷ったがグーグルマップで見ると左に行った方が良さそうだなと左へ歩く。するとなぜかお腹が痛くなり始める。FKKでう●こするのも礼を失すると思いトイレへ。

そこで出会ったトイレはこれだ。

 

さすがヨーロッパの屋台骨、最先端技術の粋を集めた便座クリーナーだ。

清潔なトイレで快適に用を済ませたXは外に出る前にラストトレインは何時だ?と駅の人に聞く。すると23時ぐらいだ、みたいなこと言うのでこれは帰りはタクシー決定だなと思いつつ外へ。

f:id:xshu:20191123210349j:plain
f:id:xshu:20191123210408j:plain
ちゃんとした駅とその周辺。

うろうろしてタクシーを探すとタクシースタンドを発見!

臆せずシャークス!と叫ぶと若いお兄ちゃんが任せとけ!と言わんばかりにベンツのタクシーで急発車。助手席に座って仲良く話していると帰りに俺を呼べと電話番号が書かれた紙を渡される。10分ぐらいふつーの住宅街の中を走ってると突然到着。近所の住人はこの施設のことをどう思っているのか。

この最大のミステリーに対する回答を頭の中で問答する。

  • ここに住んでたら奥さんは旦那の浮気を心配するのでは?でも近所すぎて旦那は行けないか。Xならばれないように隣町に家を買うな。
  • いや、ここに住んでる奥様方は寛容でむしろそれは関知せず自分も他で楽しむタイプか?
  • いや、この国は最近調子悪いもののヨーロッパ金融経済の屋台骨。高度なスワップ取引を積極的に行う趣味があるかも。
  • 子供の教育はどうなるんだ?子供が無邪気に学校でFKKってなにと質問したら先生はなんと答えるんだ?

などと出口のない問答を繰り返しながら店に入る。住宅街のFKKは理解に苦しむ。

 

するとこの日は週一回の割引デーだったようでローカルがごった返している。。。フロントのおばさんも忙しいのか殺気立っていてビビりながらハロー初めてだよ、と告げるとウリラリラ!と呪文のような言葉を発し金を払えと言う仕草をする。

おっかねえ、と思いつつ値段が分からないので100€なら釣りが来るだろうと思い100€をビビりながら渡すとお釣りとリストバンド(ICチップつき)を渡され再度ドラクエの復活の呪文のような何かを言っている。しかしすでにFKKを3回経験済みのX。ここは怯まず大きな声でバスローブ!42(靴のサイズ)!と叫び、事なきを得る。何事も最後は気迫が大事だ。

そしてロッカールームへ。

 アウェイ感がハンパない

ハリウッド映画の刑務所のシャワーシーンでよく見る超ガタイのいい、かつ刺青だらけの若者たちとデブの締まりのない爺さんでごった返している。。(確かシャークスは水曜日が割引デー)アジア人はXのみ。

名作映画「ショーシャンクの空に」でシャワーを浴びている主人公がゲイに犯さそうになっているシーンを思い出し、これは囲まれたら終わりだな、と考えつつコソコソっとケツを隠しながらシャワー完了。

まだ見ぬ桃源郷へ。

※シャークスのHPリンクを下に貼っておくので行ったことない人は雰囲気を確認しよう。

www.fkk-sharks.de

 

広大なフロアには,

ああ、ビッチと言うのは正にこれだな、という絵に描いたような肉食オールスターズが集結。肉食だから店名が鮫なのか。ストンと腑に落ちる。

メキシコティファナのゴーゴーバーのようなケツを強調してしている衣装の嬢、どぎついメイクしている嬢など形態は様々で球数は100弱か。当然営業はうるさくしてくる。圧倒的な肉食オールスターズに雰囲気で惑わされないだけの経験を持つXは取り敢えず自分のペースを乱されないよう一通り全ての施設を見た後、カウンターでその辺の気の弱そうな嬢と話す。そうこうして時は30分ぐらい経過したか。目が慣れてきてどれも同じだなーと見ているとまあまあ綺麗な黒人嬢(24歳)を発見!

 黒人嬢トライ

Xは過去、バンコクのスクンビット周辺で黒人さんトライ企画を自分の中で立てチャレンジしたがビビりまくって結果を残せず仕舞いだったヘタレ記憶があり、ここは行くべきだ!と不甲斐ない過去を払拭するべくチャレンジ。

X:へい、調子はどうだ?

嬢:悪くないわよ。あなた英語喋れるってことは中国人?

X:ジャパニーズだよ。プリティーウーマンで勉強したんだ(意味不明)

嬢:私はブラジルから留学できて学生なの

X:ブラジルか。まだ行ったこと無い国だよ。一緒に飲もうぜ。何か飲む?

嬢:ジントニックがいいな

X:おけー。カウンターに取りに行ってくるから待ってて。

※ちなみに嬢に酒を奢るのは実費である。この瞬間からFKKでキャバクラ飲みもありかな、と言う回路に変わってきた。大人なXはその行為だけが楽しみな訳では無い。

 

ドリンクを持ってX到着。

嬢:カンペー!(中国語の乾杯の意)

X:ちょっと待て、ちげーよ。日本語だと「カンパイ」だよ。中国と日本は言葉が違うんだよ。あんた長渕剛は知らないのか?

嬢:ナガブチ?あんた本当は中国人でしょ。まあ何人でもいいから飲みましょ。

X:。。。

Xの人生で初めて買ったCDが長渕剛の「しょっぱい三日月の夜」だっただけに長渕剛には思い入れがあり、やや腑に落ちなかったが、その事を遠くブラジルから来た嬢に説明しても意味がないのでスルーしてしばしのご歓談。

 

そうこうしているうちに外は暗くなり、Xは下記3点の企画を思いつく。

 

  1. ガールズバー気分で嬢にも飲ませ会話を楽しむ
  2. 酔ってから外で青◯実施
  3. 黒人さんは暗いところで口と目を閉じると本当に闇に紛れるのかチェックする

ということでお互い5、6杯の酒を飲んだ頃に嬢を庭に連れ出し、寒いのでカバナに行こう!と提案。そして庭に設置されているカバナへ。現在のクリア状況は下記。

  1. ガールズバー気分で嬢にも飲ませ会話を楽しむ
  2. 酔ってから外で青◯実施
  3. 黒人さんは暗いところで口と目を閉じると本当に闇に紛れるのかチェックする

まずははじめの一歩をクリア。 

 

次に入り口の扉を閉め、キスしたいから目を閉じて、とリクエスト。

  1. ガールズバー気分で嬢にも飲ませ会話を楽しむ
  2. 酔ってから外で青◯実施
  3. 黒人さんは暗いところで口と目を閉じると本当に闇に紛れるのかチェックする

おおおー。本当に闇に紛れてる。感動した。

2歩目もクリア。

 

そしてキス。次に目的2をクリアする為、ちょっと寒いけど外でやろうよ!とリクエストすると恥ずかしいから嫌!との申し出。しょうがないので扉だけ開けていい?と聞いて、外から見える状態で開始!

  • ガールズバー気分で嬢にも飲ませ会話を楽しむ
  • 酔ってから青◯実施
  • 黒人さんは暗いところで口と目を閉じると本当に闇に紛れるのかチェックする

 2歩半まで進捗するものの3歩目までは届かず。

 

でもまあカバナのすぐ横を嬢や男どもが歩いている中でやってたのでプレ公開青◯だな。そしてあらかじめ仕込んでおいたカマグラが威力を発揮して2回戦をこなす。(勃ちがなかなか収まらず。。)

 

バンコクでの黒人さんトライ企画失敗の屈辱を晴らし、黒人さんの良さを人生初体験(しかも2連戦のおまけ付き)。スタイルがやはり抜群、かつマインハッタンの天使ちゃんとは違うセクシーさで納得の200€。sekaiの違いを実感した日であった。

スッキリほろ酔いのXは気持ちよくシャワーを浴び帰路へ。電車がないので店前に止まっている陽気なタクシーの兄ちゃんにフランクフルト中央駅までいくらだ?と聞くと80€。行きのタクシーの兄ちゃん呼ぶのもめんどくさいのでそのまま車に乗った。

そしてアウトバーン。

ドイツといえばアウトバーン。

X:今走ってるこの道路はアウトバーン?

兄:そうだよ。なんで?

X:いや、日本だと高速は100キロぐらいしか出せなくてさ。ちょっと200キロオーバーの世界見てみたいんだけどいい?

兄:合点承知!日本の奴らにアウトバーンの良さを伝えてくれ!

 

ベンツで3000回転220キロ。

 街灯ないし道路に物が落ちてたら絶対死ぬ。と助手席で思いながら兄ちゃんは200オーバーでかっ飛ばす。この兄ちゃんは陽気で色々喋ったが、ドイツのタクシーは国から補助が出てこのタクシー(Eクラス)が350万円程度で卸されているらしい。安い。

と言う感じで東急インまであっという間に到着しこの日は就寝。充実の一日であった。

翌日は最終日。朝からFKKマインハッタンへ。

 

下に貼ってある「タイナイト情報」のバナーをクリックしてくれると嬉しいです!

※もし記事がよかったと思ったら はてなブックマーク or ブログ村ランキングボタン押してね🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

次の日の3回目のFKKマインハッタンの記事はこちら

airland.hatenablog.com

 

前回のマインハッタン(2回目)訪問記はこちら。マインハッタンの天使ちゃんと遭遇。

airland.hatenablog.com

極東ロシアで金髪配達サウナ発見。日本から2時間で金髪。

airland.hatenablog.com

 

嬢との対戦で2回戦可能にしたい方はこちら。最強パワーを手に入れよう。

airland.hatenablog.com

 韓国ソウルのキチ◯イ按摩体験はこちら

airland.hatenablog.com

 タイで遊ぼう

airland.hatenablog.com

 

airland.hatenablog.com