sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

ベトナム ホーチミン3日目前半 Tinder活用とクチトンネル観光

スポンサーリンク

昨夜の激カワマッサージ嬢の余韻もつかの間、3日目は打って変わってベトナム戦争関連、クチトンネルへ。まずは朝早くツアー会社のオフィスへ行き受付。4000円ぐらいのツアーなので皆さんもぜひ!ということでバスガイドさんの一連の説明のあと、車内でやることがなくティンダー仕込みを黙々と続ける。写真は帰りのバス車内で行ったやり取りだが、こんな感じで現地の女の子から色々情報を集める。(Xは青地)

f:id:xshu:20191027172953j:plain

今日の予定聞いたらノープランだって。誘っちゃおうかな。

 

ティンダーは旅行に行く際、情報源としては悪くないと思う。

会える、会えない、というのがこの手のアプリでは一番のポイントだが、一方、現地人から直の情報を得るという意味ではライブ感のある話がやり取りできるので複数人と同時にやり取りすればかなりの情報が集まる。

例えば以下のやり取り。

f:id:xshu:20191027174149j:plain

色々教えてくれる

この子はこの文脈の後、文中にあるchill skay barのドレスコードの有無まで教えてくれ、性格の良さがにじみ出ており非常に好感度高い。それが最終日のデートへ繋がる。

実際のデートの様子はこちら

airland.hatenablog.com

 

 

と、クチトンネルと全然関係ない話で盛り上がってしまったところでバスに2時間揺られ、クチトンネル到着。

 

f:id:xshu:20191027172956j:plain

入り口には戦車だの爆撃機だの実際使われた兵器が置かれている

ガイドさんに連れられてひとしきりベトナム戦争とクチ(地域の名前)の関係、戦争中どうやって戦ったかという説明のビデオを見せてもらい、やはり最強民族はベトナムか。と妙に納得する。10年ぐらい前に下記リンクの本を読んで最強国家はイスラエルベトナムだな、と思った記憶が蘇る。(時代を無視して民族を比較すること自体には無理はあるけど)生き残るには究極、気合いと根性がすべての土台になる。

 

どの民族が戦争に強いのか?―戦争・兵器・民族の徹底解剖 (光人社NF文庫)

どの民族が戦争に強いのか?―戦争・兵器・民族の徹底解剖 (光人社NF文庫)

 

 今は1円で買えるみたいだから読んでみてね。

 

説明ビデオ後、実際に残っている洞窟内を体験することに。これがヤバい。狭い。ここで生活しながら何年も勝機を伺っていたのか、と考えるとまさに気合いと根性、自分たちの正義に対する執念を感じる。現代に例えるなら企業成長の初期段階に必要なDNAを外圧による歴史が育んだのか、とも感じる。

 

f:id:xshu:20191027173000j:plain

完全中腰・うさぎ跳びの姿勢で50m。若くないと無理。

 

うさぎ跳びの先には部屋が無数にある。

 

f:id:xshu:20191027181602j:plain

人民会議にXも参加してみる

f:id:xshu:20191027173016j:plain

ようやく脱出

こんなのが200キロとかに及ぶ長さであるんだから(しかもシャベルでトンネル掘ったらしい)気合と根性以外の何者でもない。ベトナム人て世界で二番目に体が小さいらしい。だからこのトンネルの運用がなんとかなったのか。西洋人、この中に狭すぎて入れないもん。

 

 そしてみんなでお散歩していると。トラップ発見!

 

f:id:xshu:20191027173007j:plain
f:id:xshu:20191027173013j:plain
必殺の落とし穴。中には上を向いた竹やりがいっぱい。

 

こんなもんジャングルの中に掘ったら危ないだろ!と言いたくなる。

お土産屋さんは順路の最後にあるよ。

 

 

ということでツアー終了。

 

帰りのバスではまた携帯の充電切れるまでティンダー仕込みに精を出し、ホテル帰って3日目の夜に備える。
 

続く。

この日の後半はブイビエンでオカマと乾杯

airland.hatenablog.com

 

※もし記事がよかったと思ったら はてなブックマーク or ブログ村ランキングボタン押してね🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加